伊勢神宮参拝のご報告

令和元年11月18日

平素より皆様には格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、クムクム株式会社の1年間の業績の感謝を込めて、伊勢神宮へお礼参りをさせていただきました。
大嘗祭当日ということもあり、多くの参詣者で賑わいを見せていた中、天候にも恵まれ、雲一つない晴天の中で有意義な時間を過ごすことができました。
伊勢神宮は、125もの宮社から成る神官であり、その歴史は非常に古く、2000年もの間、天照大御神などの神々をお祀りし続けている由緒正しい神官であります。

今回の参詣期間は11月14日~15日。

初日は、衣食住を始め、産業の守り神である豊受大御神(とようけおおみかみ)をお祀りする外宮を中心に参詣し、 2日目には、私たち日本国民の総氏神である天照大御神をお祀りする内宮を中心に参詣致しました。 参詣後には、商店街で地元の人々との交流を通して、人の温かみを感じることも出来ました。

また、今回の目玉行事である2日目の内宮神楽殿で行われた御祈祷では、「人と人とを繋ぐ~」「クムクム株式会社~」といった内容の祝詞が読み上げられました。
伊勢神宮参拝は今年で9年目を迎えましたが、このような祝詞は初めてでしたので、その場にいた一同で驚きました。
弊社とは関係のない奏上であったのかもしれませんが、非常に弊社の理念にリンクした内容の祝詞に感銘を受けました。

来年もまた良いお礼の報告が出来ますよう、これからも感謝の気持ちを大切にクムクム株式会社社員一同、誠心誠意尽力して参る所存でございます。